智淑会 小学校受験・幼稚園受験
 

ご家庭のご要望とお子様のレベルに合わせた

オーダーメイドの塾

 

ちしゅくかい
智 淑 会 

 

 新宿区 四谷 三栄町 15-39
ステラ四谷1F
四ツ谷駅徒歩5分

HOME | 巧緻性

巧緻性クラス(絵画・工作)

ご家庭では難しい、巧緻性、工作、絵画の指導を集中的に指導します。
ペーパーのクラスとは別枠で行う特訓クラスです。
志望校別指導も行います。(9月~10月)

・モビール


重さのバランスを考えます。

・うめ


立体的な木に手ちぎりで、梅の花を咲かせます。(桜の木でもよいです)

・鬼の貼り絵


貼り絵で節分の鬼を作ります。紙を手でちぎるのは巧緻性で欠かせない練習です。

・鬼の豆入れ

 

鬼の絵を切り抜き、紙コップに貼って、豆まきの豆などを入れる小物入れに。

・こま結び、蝶結び


素材の違う紐を使って、いろいろな結び方を練習します

・あや織り(組み紙)ボックス 

 

下から刺して上に出して下に刺して・・・をくり返します。
 


■基本の絵画 

 人物の正面・横顔、動物の絵、お話を聞いて足りないところを描くなど、絵を描くときに大切な基礎をしっかり練習します。

 





 三角の折り紙4枚を使った条件画
 

■絵画教室

 
1、苦手なお子さんでも、すばらしい作品が描けるようになります


絵が苦手なお子さんは、どういうふうに描いたらいいかわからなくて、手が止まってしまいがち。そんなときに「自分で描きなさい!」と言っても描けるようにはなりません。この絵画教室では、先生が用意した課題をもとに描いてみるレッスンが中心です。単なるお手本の模写ではなく、「ここから描きはじめて、こういう順番で描く」「指を5本きちんと描くときのバランス」「いろいろなポーズを描くコツ」など、ていねいにお教えしています。


豆まきの絵(先生の描いたお手本)2、描き方を覚えることで、絵が好きになります
 
2、描き方を覚えることで、絵が好きになります 


描き方を教えてしまうことに抵抗のある方もいらっしゃるかと思います。しかし、受験の日に間に合うように上達するためには、一度、決まった描き方を覚えてしまうのが早道です。 描き方を覚え、自分でもびっくりするくらい上手に描けるようになると、自信がついて、絵を描くのが大好きになります。こうなれば、それからの上達はとても早いのです。  

秋の遠足。いろいろなポーズを描きます。
 
3、受験をターゲットにした、効率的な指導をします

「他にもいろいろな絵画教室に通ったけれど、ここの指導がいちばん受験に役立った」…あるお母様の言葉です。さまざまな学校の過去問研究と、たくさんのお子さんをご指導した経験から、短い時間で効率的に「受験に受かる」絵が描けるようなカリキュラムを作っています。ぜひ、智淑会の絵画教室で、お子さんに「絵が得意!」という自信をつけてあげてください。  


●お母様の感想から
 
★とてもやさしくて熱心な先生で、子どもはどのお教室よりもこの絵画教室が好きと言っていました。おかげさまで、絵が苦手だった息子も、10ヶ月あまりで飛躍的に上達しました。
 
★絵のレッスンがあるたびに、どんどんうまくなっていくのがわかりました。はじめは絵の描き方を教えるという方針に疑問もありましたが、受験に間に合ったのはこのご指導のおかげです。絵を描く技術がなければ、個性も発揮できないのだと思いました。


先生の描いたお手本。描く順番を教わるとこんな複雑なものも描けます。


■絵画2:応用の絵画(応用絵画クラス)

  人物、動物の基本的な描き方に加えて、動きのある人物や、季節の絵画が描けるようにします。